楽しい人生日記

雑感、時々カメラ

交換レンズ Lensbaby Trio 28 レビュー

先日新しいレンズ"Lensbaby Trio 28"を購入したので、レビューしたいと思います。
 

2016年12月9日に、ケンコー・トキナーから発売されました。3万円ほどのお手頃価格。
一つのレンズで3種類の光学的描写効果を切り替えて使うことが出来る変わり玉です。
それぞれの光学効果にSweet、Twist、Velvetという名前が付けられており、
・Sweetは周辺に向かって流れるようなボケ
・Twistは背景がぐるぐると渦巻くようなボケ
・Velvetは柔らかいボケとソフトフォーカス
となっています。(ケンコー・トキナーのHPを参考にしています。)

 

単焦点かつ単F値のレンズで、
焦点距離は28mm固定。
F値も3.5で固定。

電子接点は無くAFの使用は出来ませんが、α7Sで運用すればピーキング機能や背面パネルでの拡大表示機能があるので無問題。

 

 

◆ 外観 ◆

パッケージはこの通り。サイズは95mm×100mm×55mm. 

f:id:TanosiJinseiMan:20170219000646j:plain
α7Sを母艦にしているのでSONY Emount用を買いました。他に富士フィルムXmount用とマイクロフォーサーズ用があります。

 

 

レンズ外観。シルバーの鏡筒。レトロな雰囲気が好みです。

f:id:TanosiJinseiMan:20170219002149j:plain

正面顔。

f:id:TanosiJinseiMan:20170219002249j:plain

 

フロントキャップを外すと、特徴的な三つ目が現れます。

f:id:TanosiJinseiMan:20170219002752j:plain

 

フォーカス指標。フィート表記とメートル表記あり。フォーカスリングの回し心地は重すぎず軽すぎず、スティックスリップも無く、かなり使いやすいものだと思われます。

f:id:TanosiJinseiMan:20170219003337j:plain

 

 

Sweet, Twist, Velvetはリングを回転させることで切り替えることが出来ます。

f:id:TanosiJinseiMan:20170219003636j:plainf:id:TanosiJinseiMan:20170219003549j:plainf:id:TanosiJinseiMan:20170219003724j:plain

 

その他、箱の中には取扱説明書と "SEE IN A NEW WAY"と書かれたステッカーが。あと小さな巾着袋も入っていました。

f:id:TanosiJinseiMan:20170219004501j:plain

 

 

 

◆ 光学・描写面 ◆


【チャート撮影】
フリーで取得できるチャートを使用して、描写の確認を行いました。
使用ボディ:SONY α7S
設定:Pモード
ISO:100
チャートとの距離:約360mm
比較機種:Canon EOS 6DCanon EF17-40 F4L USM

 

■全体の描写
・Sweet, Twist, Velvetのいずれも、同一ピント面上において周辺に向かうにしたがってボケます。
・Sweet, Twist, Velvetのいずれも、周辺の暗くなり方が目立ちます。Twistが最もその傾向が強く見られます。次点でSweet、Velvetの順番です。
・Twistだけでなく、Velvetもぐるぐるボケの傾向が見えます。

f:id:TanosiJinseiMan:20170218233949p:plain

 

■中心から約3割の描写
・Sweetは中央から約1.5割ずれた時点でボケ始めます。次点でVelvet、Twistという順番でしょうか。
・Velvetのソフトフォーカスらしさがよくわかります。ヴェールを2枚ほど通したような写り方。

 

f:id:TanosiJinseiMan:20170218233814p:plain

 

■最中心の描写
・中心部の描写が最も優れているのはSweet。Sweet>Twist≒Velvetという印象。SweetもCanon EF17-40には若干負けています。(3万円のレンズと10万円のレンズを比較してるんだから当然か。)

f:id:TanosiJinseiMan:20170218233911p:plain

■周辺の溶け方
・Sweetのとけ具合が強く、何が書いてあるのか全くわからない程。
・TwistよりもVelvetの方がぐるぐるして見えるのは気のせいでしょうか。
・やはり最も周辺の暗くなり方が強いのはTwistである様子。

f:id:TanosiJinseiMan:20170218234012p:plain

 

 

【ゴースト・フレア撮影】
強い光がレンズに入った場合の特性を確認しました。
使用ボディ:SONY α7S
設定:Aモード
ISO:100
 

■Sweet

・光源を中央やや下に配置した場合、緑色のゴースト発生(赤矢印)。また、フレアの切れ方がやや不自然。
・光源を画面外上部に配置したとき、一筋の強いゴーストが発生。
・光源を画面外下部に配置したとき、蝋燭の火のようなゴースト発生(赤矢印)。途切れ方に違和感があるのと、マゼンタ色の尾ひれがつく。

f:id:TanosiJinseiMan:20170218234216p:plain

 

■Twist
・光源を中央に置いたとき、中央下側に向かって線状のフレア。途切れ方に違和感。
・光源を画面外上部に置いたとき、一本の線状のゴースト発生。Sweetと同様。

f:id:TanosiJinseiMan:20170218234241p:plain

■Velvet
・光源を画面内に置いたとき、特徴的なフレアが発生。当レンズの特徴として謳われており、画作りに用いることのできるような面白い形状をしている。
・光源を画面外上部・下部に置いたとき、線状のゴーストが発生。SweetとTwistでは一筋だけだったが、光源の方向にもう一つあるように見える。(赤矢印)
・光源を画面外下部に置いた場合、蠟燭のようなゴースト発生。ゴーストの周りにマゼンタ色のフレア?のようなものが発生。

f:id:TanosiJinseiMan:20170218234303p:plain

 

線状のゴーストが角度によってかなり強く出るため、撮影の際には気を付けたいですね。

 

 

◆ 作例 ◆

・Sweetで撮影。周辺のボケの溶け具合が強烈。
f:id:TanosiJinseiMan:20170219013032j:plain

 

・Twistで撮影。周辺のぐるぐるが「これでもか」というほど出ています。ぐるぐるしすぎでは。使いどころの難しいモードです。
f:id:TanosiJinseiMan:20170219012457j:plain

 

・Velvetで撮影。特徴的なフレアを狙って出してみたものです。チャート撮影で見られた、周辺のぐるぐるボケはありません。フォーカス距離でボケの出方が変わるのかもしれません。輪線もなく、玉ボケが綺麗に出ています。

f:id:TanosiJinseiMan:20170219013219j:plain

 

・レンズのダイヤルをVelvetとTwistの間で止めて撮影することで、下のような多重露光のような描写を得ることが出来ます。正規の使い方ではなく周辺のケラレも起こりますが、面白い画が撮れます。

f:id:TanosiJinseiMan:20170219013716j:plain

 

 

 

◆まとめ◆
 3万円ほどの値段にしては、これ一本で3種類のボケ方で撮影することが出来、創作意欲を刺激される、色々楽しいレンズです。「パンフォーカスできれいな景色を撮る!」といった用途には使えませんが、特徴ある写真を撮りたいときに活躍します。28mmという焦点距離が絶妙で、主題を中央付近に置いたときに良い感じに周辺にボケ効果を表せます。

お勧めできるレンズです!対応するマウントのボディをお持ちの方は、是非お試しあれ。

www.kenko-tokina.co.jp

 

 

 

一体どうしたらいいんですかね。

 

 平日の間に、「次の休みはあれとあれとあれをやろう!」みたいに考えるのですが、実際休日に入ってみると何もせずに終わってしまうことが多々あります。やってみたいことは多々あるのに、行動に移すまでに必要なエネルギーが大きすぎるようで、どれも手に付かずに時間が過ぎ去っていきます。

 例えば、「○○の勉強をしよう!」と思っても、「大体数時間は時間を取りたいな」などと考えてしまうと「今から始めるとそこまで時間が取れないから別の事をしよう」となってしまい、次のやりたいことに思考を移すものの、同様の回路が動いて結局何も始めず、動画サイト巡りが始まり、最終的には眠りについている。

 要するに、少しの時間でも、適当でもいいから、何か行動を始めることが大切なんだとは思うのです。しかし理解していることと出来ることは違い、分かってはいるものの時間を無駄にし続ける生活をもう何年間も続けているのです。

 年を食うにつれて焦燥感が増すばかり。分かってるなら行動しろよという話なのですが、どうにも上手くいきません。これは一体どうしたらいいですかね。

 

2017年の抱負

遅ればせながら、新年明けました。

今年もよろしくお願いします。

 

2016年は個人的に比較的アクティブな一年間だったように思えますが、よくよく内省してみるといずれの行動も「自分が他者に劣ってない」ことを必死にアピールするために取っていたものに思えます。本質的でないですね。良くありません。

本質的でない行動は自分の中にモヤモヤを残すのであまり好かないのです。例えば、旅行をするのであれば、本来その本質は旅先で様々な経験をするようなことにあるはずで、決してFacebookでいいね!を稼ぐためであったり、Twitterでファボを稼ぐためであるはずがないと思うわけです。(意見には個人差があります)写真を撮るにしても、本質は写真を通じて見る人の心になにかしらの働きかけをすることが目的であって、ちやほやされる事が目的ではあってはいけないと思うのです。(意見には個人差があります)

 

よって今年は、行動するなら目的をよく考えてから動く、事に気を付けたいと思います。そしてその上で必要不可欠なのは、考えるために必要な知識ですので、その辺を踏まえて抱負を組み立てていきたいです。

 

Twitterのやりすぎでなまくらになった頭を研ぎ直すところから始めたいと思います。

すなわち、まともな文章に触れることを大切にします。

具体的には、放置気味になっている当ブログの週一以上での更新と、本を読むこと、この2点を守っていきたいです。

 

以上、これでも高く見積もったつもりの今年の抱負になります。

三日坊主ならぬ三週間坊主にならぬよう、注意したいと思います。(目標が週単位なので)

 

 

それでは。

 

カメラ機材紹介

 

普段使用しているカメラの紹介です。

 

ボディはCanon EOS 6Dを使っています。
フルサイズ一眼レフボディにしては10万円強で購入でき廉価ですし、何より軽量です。

Canon EOS 5D Mark IVが890gなのに対して、EOS 6Dは755gと、100g以上も軽いです。あとはGPSWi-Fi接続等、旅行で便利な機能がいくつか揃えられているため、旅先で静物を撮る人にとってはうってつけかと思います。簡易ながら水準器も付いているため、無理な姿勢でも水平が出せます。また、高ISOにも耐える印象で、1600くらいまでなら使えると思います。

ただ、測距点が11点しかなく、AFの合焦速度も中央を除いて大した性能ではないので、Canonが基本的に売りにしているスポーツ等の動体撮影には向きません。

f:id:TanosiJinseiMan:20161123204917j:plain

 

 

 

レンズは6本持っていますが、まだ全焦点距離はカバーしきれていません。一つ一つ高価な事もあって、なかなか揃えられませんね。

 

◆EF70-300mm F4-5.6L IS USM(Canon
70mm-300mmをカバーしてくれる望遠ズームです。唯一持っている白レンズ。W側ではポートレートや風景写真に使えますし、T側では動物園等の離れた被写体に使えるという事で、この焦点距離域はかなり多用します。重宝しています。
描写としては、「白レンズだから!」と思って期待しすぎると少し拍子抜けな感じです。ただ、全領域で安定した絵が得られる印象です。ずんぐりむっくりしていてバッグに入れるとき若干邪魔ですね。とはいえ繰り出しズームなので、300mmの焦点距離がこの大きさに収まっていると思えばありがたいものです。

f:id:TanosiJinseiMan:20161123205155j:plain

<サンプル>

f:id:TanosiJinseiMan:20161123220852j:plain

f:id:TanosiJinseiMan:20161123220728j:plain

 

 

 

 

 

◆EF17-40mm F4L USM(Canon

広角側のズームレンズ。超広角寄りの17mmから、標準に近い40mmまで使えるため、地味に便利。風景撮影と日常スナップでよく使います。W端では周辺の流れが若干気になりますが、17mmであることを考えれば許容できます。F4通しであることと、インナーズームである点が強み。USMなのでAFも静かです。また、ボケが綺麗な印象です。広角ズームですが、開放での使用も十分考えられます。

f:id:TanosiJinseiMan:20161123205236j:plain

<サンプル>

f:id:TanosiJinseiMan:20161123221615j:plain

f:id:TanosiJinseiMan:20161123221157j:plain

 

 

 

 

◆EF50mm F1.8 STM(Canon

いわゆる撒き餌レンズ。開放F値が1.8と明るいため便利ですが、地味に周辺が僅かに流れます。あと個人的に50mmで撮影することがそこまで多くないため、そんなに重宝はしていないですね。小さくて明るいという長所を持っているため必ず持って行くレンズです。撮影が主目的でない場合でも気軽に持っていけるという点ではあり難いですね。玉ボケは大変綺麗だと思います。口径食もなく。

f:id:TanosiJinseiMan:20161123205346j:plain

<サンプル>

f:id:TanosiJinseiMan:20161123221713j:plain

f:id:TanosiJinseiMan:20161123221758j:plain

 

 

 

◆MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM(SIGMA

マクロレンズです。105mmという焦点距離のおかげで、特に花の撮影で被写体を目立たせた絵が作りやすく、大変便利。AFの挙動は微妙なので基本的にMFで使用しています。単焦点なのでもちろん描写は素晴らしく、マクロ側だけでなくFar側も妥協していない印象です。現在レンズ内にゴミが付着してしまい、修理に出そうか検討中、、

f:id:TanosiJinseiMan:20161123205115j:plain

<サンプル>

f:id:TanosiJinseiMan:20161123221954j:plain

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161123222525j:plain

 

 

 

 

◆15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE(SIGMA

唯一持っている魚眼レンズ。15mmの対角魚眼です。最近購入したのですが、大変すばらしいレンズでびっくりしました。中央の描写が良いのはもちろんの事、周辺までしっかり解像します。AFは若干遅い印象ですが、さほど気になりません。近接、遠景、どちらの撮影にも耐えます。
金色のリングも素敵ですが、重さやMFリングのデザイン、重さまでも、何か「品」のようなモノを感じます。魚眼は使いどころの難しさがありますが、面白い絵が撮れるので必ず持って行くようにしています。買ってよかった一本です。

f:id:TanosiJinseiMan:20161123205315j:plain

<サンプル>

f:id:TanosiJinseiMan:20161123222720j:plain

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161123222810j:plain

 

 

 

 

◆150-600mm F5-6.3 DG OS HSM(SIGMA

600mmに到達する超望遠です。150mmからの4倍ズームという広い焦点距離領域を持っているのにかかわらず、10万円強という安値で買えるため、正直描写は殆ど期待していなかったのですが、実際使ってみると問題なく撮影できます。まだ殆ど本格的に使用したことがないため、これから実力を知っていきたいと思います。

f:id:TanosiJinseiMan:20161123205419j:plain

<サンプル>

f:id:TanosiJinseiMan:20161123222856j:plain

f:id:TanosiJinseiMan:20161123222932j:plain

 

 

 

以上です。40mm-70mmの領域をカバーするレンズが無く、いろいろ不便しています。一応コンデジも持っていますが、記録用としての用途が多く。そのうち良いレンズを買いたいですね。

 

 

最近しばらく撮影に出かけていないため、年末までにはどこかに行きたいと思っています。

 

 

 

 

神庭の滝

神庭 鬼の穴を後に、神庭の滝を見に向かいました。

高さ100 m、幅20 mという、中国随一の名瀑と言われています。

f:id:TanosiJinseiMan:20161010232224j:plain

f:id:TanosiJinseiMan:20161010232259j:plain

 

かなり近くまで寄れるのですが、寄れば寄るほど迫力がありました。細かい水しぶきが舞う中にたたずむと嫌な事を色々と忘れられます。運良く天候にも恵まれたため、大変心地いい場所でした。

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010232245j:plain上流の大きな滝はもちろん、下流の流れも大変綺麗でした。前日の雨の影響で若干増水しており、澄み切った水とはいきませんでしたが、それでも綺麗な場所はちらほら。天気の落ち着いたタイミングで訪れればもっと楽しめたかもしれません。

 

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010232329j:plain

f:id:TanosiJinseiMan:20161010232343j:plain

更に下流の「玉垂れの滝」。屋根から雨水がしたたり落ちるようにカーテンを作っている様は大変綺麗でした。

 

 

まだ木々は青々としている時期でしたが、一ヶ月も遅くいくと紅葉がとても綺麗になるようです。タクシーの運転手さんからはまた来るように強く勧められました。

また、野生の猿が居ることでも有名な場所なようでしたが、彼らにも遭遇できず。。再度訪れる必要がありそうです。

 

 

 

今回の岡山旅行は以上です。

ニッチな場所ばかり訪れてしまい、倉敷などの有名どころに行かなかったため、またいつか行ってみたいところです。

 

それでは。

 

神庭 鬼の穴

旅行三日目、岡山から北上して中国勝山へ。

「日本の滝百選」にも選ばれた「神庭の滝」を見に行きました。

また、神庭の滝自然公園には「神庭 鬼の穴」と呼ばれる洞窟もあり、無論そちらも散策してきました。(むしろ鬼の穴の方がメイン)

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010233028j:plain
神庭の滝とは反対方向にのびる階段があり、階段とはいえ結構な山道を進んでいく必要があります。普段運動していない身にはしんどいところがありました。

 

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010233305j:plain
もはや山登り。

 

 

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010233148j:plain
歩くこと約10分ほどで、鬼の穴入口が見えてきます。中央左部の黒い切れ目が入り口です。
井倉洞や満奇洞とは明らかに雰囲気が違います。あまり観光地化されておらず、生の洞窟に近いものがあります。

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010233135j:plain
中には電灯があるのですが、なんと「ニ十分間で消えます」という制約付き。総延長75 m程の短さとはいえ、20分間という制限は短いです。いつ消えるかわからないという恐怖と共に入洞。

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010233201j:plain
中は鍾乳石の発達は殆どなく、鍾乳洞という感じではありませんでした。縦に長く横に狭い道が続きます。

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010233055j:plain
こちらが最深部。右側の暗い部分は空間的に奥に続いていますが、立ち入りは禁止されています。神庭鬼の穴から3 km程離れた場所に「神代 鬼の穴」とうい洞窟もあるのですが、そちらに繋がっているという伝説が。

こちらの最深部、自分以外に誰も居なかったのですが、奥から妙な音が聴こえて来ます。キィキィと、動物の鳴き声なのか、岩のきしむ音なのか、何なのかわかりませんが、それがかなり不気味です。正直結構恐怖を感じました。

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010233108j:plain
「ここから先は入ることが出来ません」

 

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010233218j:plain
置かれた切り株に刺さった小銭たち。なぜ人はこういった観光地に小銭を刺すのか、結構不思議ですね。純粋に不思議。

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010233229j:plain

f:id:TanosiJinseiMan:20161010233239j:plain

出口付近に蛙が居ました。
洞窟内のライトはおそらく白熱灯だったため壁がオレンジ掛かって見えましたが、LEDの懐中電灯で照らしてあげると石壁の白さが分かります。

 

ちなみに石壁にはカマドウマが至る所に張り付いており、正直に言ってかなり気持ち悪かったです。昆虫はそんなに苦手ではないのですが、それでも不気味だったので、昆虫が苦手な人には難しいでしょう。当洞窟をはじめとする狭い地域にしか生息していないと言われる「オニメクラチビゴミムシ」を探したかったのですが、見渡す限りカマドウマだったため諦めました。上の蛙はそういった虫を捕食しに来たんでしょうか。

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010233121j:plain
出口です。

 

神庭 鬼の穴、かなり良かったです。

今回の旅行では「井倉洞」「満奇洞」「鬼の穴」と、三ヶ所の洞窟に入りましたが、最も印象に残っているのは鬼の穴ですね。上記したとおり、観光地化レベルが低く最も自然に近い洞窟でした。その他の鍾乳洞とは違い、洞窟の美しさだけでなく、恐ろしさみたいなものも感じることが出来たのが大きかったです。(そもそも鍾乳石の発達が見られないため、鍾乳洞として分類・比較していいのかわかりませんが。)


自然に近いという意味では岩手の滝観洞もそれなりでしたが、鬼の穴に軍配があがる印象です。

 

余談ですが、20分間したら消えるはずの電灯が、20分間過ぎても付きっぱなしだったのですが、誰かいたんですかね。。。誰も見えませんでしたが。。。

 

 

 

神庭の滝に続きます。

 

 

 

 

満奇洞

井倉洞の散策を終えてから井倉駅に戻り、そのままバスに乗って40分掛けて満奇洞へ。

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010232941j:plain

 

 

満奇洞は岡山の観光地としてはかなり有名なようで、井倉堂に対して人の集まり方が違いました。こちらも岡山県指定の天然記念物。

「満奇洞」という名前は、もともと地名であった「槇」にちなんで、与謝野晶子が命名したと言われています。「奇に満ちた洞窟」で「満奇洞」。

総延長は450 mで、そこまで長くない印象。ただし、一本道の洞窟ではなく中身は入り組んでおり、迷路のような経路でした。

 

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010232756j:plain

入口直後の休憩所。というのも、ここは出口でもあるため一周して帰ってきた人が休めるようになっています。

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010232807j:plain

f:id:TanosiJinseiMan:20161010232819j:plain内部は電飾が多く、全体的に煌びやかな様子。狭くて通りづらいような場所もほとんどなく、冒険感はあまりありませんでした。特に、要所要所で説明用の音声が流れるため、洞窟特有の水の滴る音や足音が響き渡る音は感じられず、「鍾乳洞の博物館」のような印象でした。

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010232830j:plain
見どころの一つ、泉水。大きな洞窟内湖が広がっています。形状や地形が綺麗というより、ライトアップが綺麗という感じ。

 

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010232845j:plain五百羅漢。スタラグマイトがひしめき合う様子はなかなか壮観でした。ここのライトアップはスタラグマイトを強調するようにコントラストを強く出しており、考えられた電飾だと感じられました。ここはあまり人が溜まるばしょでなく、静かな環境で好みでした。

 

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010232857j:plain恋人の泉。粒度の細かいスタラクタイトが天井を覆い、視覚的に解像感が高く圧倒されます。ライトアップは時折暗闇になり、カップルたちに対して吊り橋効果を狙っているとか。

 

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010232912j:plain
白糸の滝。おそらくコラムが大量に連なった形状?もしくはストロースタラクタイトの集合でしょうか。もう少し細かく観察してくればよかったのですが、時間的な問題でこの辺は駆け足になってしまいました。

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010232928j:plain千枚田。巨大なリムストーン。井倉洞瀬戸の海にあった細かいリムストーンも良いですが、こちらの大きなものも壮観でした。

 

 

満奇洞については以上です。

 

 

神庭の滝に続きます。