読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しい人生日記

雑感、時々カメラ


   今日は実務のようなものを一つ任せられた。小さなものだが、気の抜けないものだった。わからないことだらけだが、自分の判断で勝手に進めてしまってはまずいので、忙しそうにしている周りの人たちに頭を下げながら質問しつつ取り組んだ。

   自分に自信がないので、どんな細かいことでも確認してからでないと次に移れない。99%以上の確信がないと先に進めない。「まぁ違っても後で直せばいいだろう」という風に考えられれば良いのだろうが、何か実行している最中はどういうわけか、その思考になれない。迷っている時間が多く、その分時間が掛かってしまう。質問しようにも、それは質問すべき事項なのか、ということを考えてしまうので、そこでも時間がかかる。実際、自分で調べて分かることならば人に頼りすぎるべきでないし、兼ね合いの難しいところだと思っている。
   多分、今の職場環境を見るに、いくら初歩的な質問であっても快く答えてくれると思う。はっきり言ってみんな親切だ。過ぎるくらいに感じる。だから、もっと堂々と分からないことは聴きに行っても大丈夫なんだとは思う。それでも、質問したり、自分で判断したりするのには一回一回大きなエネルギーが必要になる。そうなってしまう理由は分かっている。

   理由が分かっている事と、解決出来る事ととは、必ずしも一致しない。