楽しい人生日記

雑感、時々カメラ

叱責

なぜこんな苦しんでいるのか、と、よく自問する。答えはすぐに自分の中から返ってきて、ひとえにこれまで怠惰に生きてきた反動だと責め立てられる。過去は基本的に変えられないので、その叱責から逃れることは出来ない。過ぎ去った7割の人生が、一斉に未来の自分を攻撃している。見ないふりをするのが賢いのだろうか。いや、おそらくそれも怠惰で、目を閉ざした自分は数年後の自分を攻撃することになりそうだ。楽しそうに過ごしている人たちは、本当に凄いと思う。どうしたら、彼らのようになれたのだろうか。