読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しい人生日記

雑感、時々カメラ

行動

迷ったら、とりあえずやった方が良いというのが自分の特徴らしいことに気づく。ここ最近の憂鬱の原因の多くが、あの時に躊躇うべきでなかった、というパターンなためだ。そして躊躇う理由のほとんどは、他人に悪く思われるかもしれないだとか、常識ないと思われるかもしれないだとか、理由の極めて曖昧なものであるらしい。そもそも常識は既に失っているので、迷うだけ無駄である。悪く思われる時は何をしても悪く思われるので、だったらやるだけやって踏ん反り返っていた方が人生楽しんでいるし良い。生憎、いや幸いにも、現代は行動至上主義だ。端的に言えば何をしてもやったもの勝ちなのは経験上間違いない。正確に言うなら、とりあえず動いておけば「俺は行動した」と一言言える。その力が大きい世の中だ。その風潮を利用していかないと、逆に潰されてしまう。奥ゆかしさ故の美しさなど、この国はとうの昔に無くしている。形骸化した幻想にしがみついて、世間に殺されるのも一つの生き方かもしれないし、自分もそれを支持したい気持ちはあるが、そこまでの強い意志は持てないようだ。自分は弱すぎる。

◾︎