読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しい人生日記

雑感、時々カメラ

岩手旅行_2, 3日目

岩手旅行二日目。

 

秘境駅ランキング57位、上有住駅へ。もともとはこの駅へ行くことを基軸に組んだ旅行だった。上有住駅へは花巻から電車で2時間弱。それほど遠くない。上有住駅はランクも低いだけあり、近くに1軒だけ民家があったり、滝観洞という洞窟を見ることが出来たり、と、先日赴いた小和田駅と比べるとだいぶとっつきやすい駅だった。洞窟が近くにあるので、エスペラント語による "Kaverno"(カヴェルノ)という別名が付いている。

花巻方面に帰る時には月に2回ほど運航しているSLに乗ることに成功した。SL銀河という、銀河鉄道を模した汽車である。中はかなりオシャレで凝った作りになっており、長い乗車時間も飽きさせなかった。

途中の新花巻で降り、宮沢賢治記念館を見て回った後、夕食を食べてホテルに帰還。

翌三日目はゆっくりお風呂に入ってから、自宅への帰途に着いた。

 

 

 

上有住へ向かうのは6:47発の電車。早朝であったためかなり寒かった。

朝の花巻駅。月も出ていた。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130220133j:plain

 

釜石線。これに2時間弱乗る。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130220212j:plain

 

温かい飲み物と共にGO.

f:id:TanosiJinseiMan:20151130220245j:plain

 

到着。秘境駅特有のがらんとした感じ。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130220319j:plain

 

しかし待合室は戸締りもちゃんとしていた。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130220354j:plain

 

外観。右側の赤い小屋が待合室。たぶん、観光地としてもう少し活躍させたかったんだろう。綺麗な作りになっている。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130220452j:plain

 

駅から歩いて5分程度のところに滝観洞という洞窟が。ヘルメットとジャンパーを着て探検へ。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130220556j:plain

 

想像以上に暗いし狭い。鍾乳洞的なライトなものを想像していたが、これは。。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130220656j:plain

 

入り口付近はこれぐらい狭い。かなり屈む必要があった。正直写真を撮っている余裕が全然なかった。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130220729j:plain

 

入り口から道なりに進むこと約45分間、最終到達地点である、天の岩戸の滝。洞窟内にある、落差29mの滝である。ずっと狭い道を通ってきたが、この地点は高さ60m程のドーム状になっており、とても広く感じた。滝の落ちる音がゴウゴウと響きわたる。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130220800j:plain

f:id:TanosiJinseiMan:20151130220841j:plain

 

帰り道にスケールの小さな滝が。こちらは女滝と呼ばれる、高さ数十cmのものだ。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130220923j:plain

 

洞窟から抜け出たところで空の様子を撮影。往復約2時間の洞窟探検、かなり疲れたが良い経験をした。しかしたいそう過酷だった。。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130221014j:plain

 

帰りの列車。SL銀河。秘境駅である上有住だが、この汽車を撮影しようと撮り鉄がわんさか集まっていた。そうかたしかに、乗る自分はこいつが入っている様を撮影できない。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130221056j:plain

 

内観。オシャレ感満載である。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130221234j:plain

 

近くで見ると格好良さがわかる。力強さがドカッと伝わってきた。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130221314j:plain

f:id:TanosiJinseiMan:20151130221352j:plain

 

新花巻で降りて宮沢賢治記念館へ。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130221501j:plain

 

宮沢賢治記念館の正面には、注文の多い料理店をモチーフにした「山猫軒」が。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130221544j:plain

 

山猫軒なのに、家猫が。ニャーニャー声がするなと思っていたが、君だったのか。そういうギミックかと思っていた。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130221631j:plain

f:id:TanosiJinseiMan:20151130221710j:plain

 

宮沢賢治記念館と山猫軒は結構山の高い位置に作られており、公道に出るまで長い階段を下りることに。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130221744j:plain

なんと合計367段もある。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130221815j:plain

f:id:TanosiJinseiMan:20151130221852j:plain

 

 

三日目、帰りの新幹線。良い旅だった。自分にお疲れ様。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130221938j:plain

 

おまけ・食べ物編に続く