楽しい人生日記

雑感、時々カメラ

岩手旅行_食べ物編

旅行の醍醐味の一つに食事がある。駅弁だとか、ご当地物だとか、地元に居ては食べられないものを食べるというのは一つの立派な目的だと思う。今回の岩手旅行で食べたものを記録もかねて残して起きたいと思う。

 

 

行きの新幹線での昼食、とんかつ弁当。普通のとんかつ弁当だった。しかし新幹線内で食べると何か特別な感じがして美味しさ補正が掛かる。昼に朝の茶事を飲んでしまっているのはミス。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130211832j:plain

 

一日目夕飯「賢治そば」。花巻駅の待合室にて。寒かったので温かいそばは美味しかった。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130212959j:plain

 

二日目の昼ご飯。SL銀河4両目は売店になっており、そこで購入。かっぱ弁当。なぜかっぱかと言えば、釜石線には遠野駅があるからだろう。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130221128j:plain

 

陶器でできた容器のなかに、そぼろ飯がたっぷり入っていた。こういう弁当は普通上げ底を疑ってしまうが、最後まで飯たっぷりという感じで満足だった。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130221156j:plain

 

バニラアイス。宮沢賢治はアイスクリームが大好きだったという。永訣の朝でも、のちに「兜率の天の食」と書き換えられている部分は、もともと「天上のアイスクリーム」という表現だった。どうかこれが聖い資糧となることを。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130221427j:plain

 

二日目夕飯、やぶ屋本店へ。賢治も通ったという。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130221852j:plain

 

天ぷらそばとサイダーの組み合わせ、彼が好んだと言われるセットである。これを注文したところ、店主さんらしきオーダーを取ってくれた方も「宮沢賢治さんのですね。」と一言添えてくれた。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130225928j:plain

 

 

帰りの新幹線にて。せめてもの贅沢にと、うにをふんだんに用いた弁当を。少し量は少なかったが、うにとイクラが両方楽しめたのでまんぞくである。

f:id:TanosiJinseiMan:20151130222023j:plain

f:id:TanosiJinseiMan:20151130222111j:plain

 

 

というわけで今回の旅行は以上。一人旅はとても良い。また、秘境駅を巡ると共に、周辺の色々を見て回ることをしたいと思う。