読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しい人生日記

雑感、時々カメラ

山形県旅行 1, 2日目

 

f:id:TanosiJinseiMan:20160508232347j:plain

羽黒山頂上にある社の群

 

 

 

GWを利用して山形県をぐるっと回る旅行をしてきた。

東北はなにか魅力的なところがあり、また交通の便もそこまで悪くないことから、結構手軽に行ける。また関東に住む身からすると、足を運びやすい秘境駅がそこそこ存在するため、旅行の候補としては挙がりやすい。昨年は上有住駅を目当てに岩手県に行ったが、今回は峠駅に行くことを基軸にプランを組んだ。

 

一日目は移動だけ行い、前乗りの形を取った。

新潟から鶴岡まで、特急いなほでゆっくり移動した後、寿司を食べて一日を終えた。

 

特急いなほ。車内はさながら新幹線で、車内販売もあり、居心地はかなり良かった。

f:id:TanosiJinseiMan:20160508000609j:plain

 

寿司処 三幸という店へ。常連の方がいるようで、明らかに旅行者である自分に話しかけてくれた。山形県を周るつもりだと伝えたところ、オススメの名所や名物を教えてくれた。正直あまり調べずに突撃したような旅行だったため、地元の方々の情報はありがたかった。あとお寿司はネタも大きく、かなり美味しかった。

f:id:TanosiJinseiMan:20160508000807j:plain

 

 

二日目は鶴岡周辺の観光ということで、羽黒山加茂水族館を見に行った。

 

 

羽黒山は2446段もの階段で有名。バスで門まで行き、五重塔や須賀の滝、爺杉を見てから階段を登り、山頂をひたすら目指す。ところだが、自分は体力が無く2446段もの階段を登れないのは明白なため、バスで頂上まで登ってしまい、階段を下りる形を取った。文明の力。

緑豊かな中にある階段を降りるのはかなり爽快感があった。普段コンクリートの建物の中に閉じ込められているだけあり、自然の中を歩けるのは気分が良かった。特に息が上がることもなく、気分よく進むことが出来た。体力に自信のない方には階段を降りる方法がオススメ。

 

 

2446段続く階段。登っている人たちは皆息を切らせていた。

f:id:TanosiJinseiMan:20160508233337j:plain

 

階段を降りていく途中、所々に小さなお社が。

f:id:TanosiJinseiMan:20160508233152j:plain

 

倒木。

f:id:TanosiJinseiMan:20160508233102j:plain

 

 

爺杉と五重塔。この杉、樹齢1000年以上という。何人の人が生きている間にこの杉と対面し、死んでいったのだろうか。

f:id:TanosiJinseiMan:20160508232659j:plain

 

 

加茂水族館はクラゲの展示で有名なようで、初日の寿司屋で教えてもらった行くべき名所であった。確かに展示してあるクラゲの品種数や、水槽の大きさは初めてみるレベルだったし、GWであったこともありかなり混雑していた。(この旅行中で一番混雑していたのはここだった。)

 

ミズクラゲ。殆ど透明でふわふわ漂っているだけにしか見えない。クラゲを見ていると、なぜ何のために生きているのか考え込みそうになる。

f:id:TanosiJinseiMan:20160508232855j:plain

f:id:TanosiJinseiMan:20160508234159j:plain

 

これが目玉となるクラゲの水槽で、半径2m程あったように思う。七色にライトアップされ、クラゲが漂っている様子はずっと見ていられるようなものだった。

f:id:TanosiJinseiMan:20160508232934j:plain

 

 

夕飯には駅から近くにある滝太郎という定食屋に行った。海が近いので刺身がおいしい。

f:id:TanosiJinseiMan:20160508232306j:plain

 

 

つづく