楽しい人生日記

雑感、時々カメラ

井倉洞

岡山旅行2日目、初めに岡山駅から伯備線に乗り井倉駅まで。

f:id:TanosiJinseiMan:20161010232527j:plain

 

目的地は井倉洞

 

井倉洞岡山県の天然記念物として指定されており、全長1.2 kmもの大きさを誇ります。
ちなみに日本三大鍾乳洞はそれぞれ龍泉洞が約1.2 km, 秋芳洞が約1 km, 龍河洞が約1 km(それぞれ観光コースについて)であり、長さだけを比較すると井倉洞も遜色無いものとなっています。

 

縦に長い鍾乳洞で、階段が多く、洞窟を「登る」という印象がありました。実際高低差は約90mもあり、約30階建てのマンションと同等の高さに当たります。これを昇降するので、そこそこに体力を使う散策になります。また、狭い道が多く、装備が多いと通り抜けるのが大変な場所もちらほら。

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161016201156j:plain
洞窟案内図。右下が入り口で、反時計回りに洞窟内を登ります。「音の滝」が最終ゴール地点。

 

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010232540j:plain井倉洞入口。狭い入口にはワクワクします。

 

 

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010232555j:plain入口直後の怪石。左上が月ロケットと呼ばれる石。

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010232607j:plain

狭い道が続きます。頭上注意。

 

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010232618j:plain
井倉洞の目玉の一つ、「黄金神殿」です。鍾乳洞の中でもこのように縦に抜けた空間を登って進むことが出来る箇所は珍しいのでは。「こうもり岩」「くらげ岩」「銀すだれ」「金すだれ」といった怪石は黄金神殿の壁に形作られています。

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010232646j:plain

f:id:TanosiJinseiMan:20161010232633j:plain

黄金神殿を抜けるとすぐにある、「地軸の滝」。高さは50 mあり、洞窟内に滝壺があります。しかし洞窟内の滝としては滝観洞の天の岩戸の滝には勝てないですね。迫力がまるで違います。

tanosijinseiman.hatenablog.com

 

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010232659j:plain
個人的に一番気に入ったスポット「瀬戸の海」です。
手前のリムストーンがきめ細かくて美しい。また水の流れが絶えず、奥側の湖の水面が煌めいている様が素晴らしい場所です。蝙蝠にも遭遇しました。よく見ると奥の壁面に小銭が刺さっているのですが、一体誰がどうやって辿り着いたのか謎です。湖内に立ち入れるイベントでもやってるんですかね。

 

 

f:id:TanosiJinseiMan:20161010232744j:plain
出口です。ぽっかり空いた穴から外を望むと、狭く閉塞した洞窟から出てきたことの爽快感が良いものです。

 

井倉洞、良い場所でした。整備され具合が丁度良く、冒険感も残しつつ安心して観光できる鍾乳洞です。おすすめの洞窟です。

 

 

 

満奇洞に続きます。